「惰性でも取り敢えず生きて行けるのね」
  そう言った君の目に浮かぶ微笑



美しい死の風景の中に居て
  何か見詰めて佇む私



悍ましきことのみ我等分かち合い
  ぐだぐだ崩れて行く今日の今



狂い咲く死に枯れ山の頂で
  泣き出す様に異人が笑う



ユートピア見たことの無い顔をして
  買い物リストをチェックしてゐる



極端に限定された未来図を
  見ることに慣れて今日を失う



ぐったりと後ろ手に扉閉めてみれば
  挫折ばかりの明日が広がり



生活の哀歌ばかりを連なれり
  余りの近さに頭を抱え



悍ましいばかりの日々の勤めにて
  食い荒らさるゝ内臓痛し
    異郷の壇上拍手響かず



見てゐたり忘れ去られた昔日の
  河原の面影冬の陽高く



inserted by FC2 system